印鑑印鑑を購入する際には、素材にも注目する必要があります。印鑑は用途や使う頻度などにより、それぞれに適した素材があるのです。では、認印に適した素材ですが、認印は銀行印や実印と違い、日常的によく使われる印鑑となります。そのため、手にしっくりくる素材が適しています。認印は、登録することがないので、古くなれば買い替えもできますので、比較的安価な素材で充分と言えるのです。具体的には薩摩本柘彩華などの木材系がおすすめです。

次に銀行印ですが、これは通帳に登録されるものですので、欠けなどが発生しない丈夫な素材が適しています。耐久性に優れた素材としては黒水牛があります。黒水牛の印鑑は朱肉にも馴染みやすいので、印影が美しいのが特徴です。価格も他の角系に比べてお求めやすいものとなっています。

実印は重要な契約に使われる3本の中では特別なものです。そのため、耐久性はもちろんのこと、捺印性や個性も必要となってくる1本と言えます。それを兼ね備えている素材としては、最近注目されているブラストチタンでしょう。金属とは言え、錆びにくく耐食性にも優れた素材で、その上捺印性も高いのが特徴です。印鑑通販サイトでは、多くの素材を扱っていますので、自分の好みに応じた素材を探す楽しみもあり、おすすめです。

参照リンク|印鑑 通販
(豊富な素材を扱っている印鑑の通販サイトです)

印鑑の種類ですが、まずは認印について説明します。認印は印鑑登録をしていない印鑑で、例えば宅配便の受け取りや回覧板、仕事においては出勤簿や簡単の金銭の受け取りに使うものです。認印は、苗字のみが彫られている日常的によく使う印鑑ですが、捺印することで実印と変わらぬ責任を負うことにもなります。

実印次に銀行印です。この印鑑は銀行や郵便局などの金融機関で使われるもので、主に口座開設の際に必要となります。銀行印は1本で複数の口座を開設することになりますので、その印鑑を紛失した場合、全ての口座で改印の手続きをしなくてはなりません。口座ごとに印鑑を変えることが好ましいのですが、現実的にはやはり1本ないし2本程度を使い回すことになります。

そして、最も重要な印鑑として実印があります。実印は、住民登録をしている市町村役場で印鑑登録を行ったものです。通常は、姓名が彫られていますが、苗字のみ、あるいは名のみでも登録できます。サイズは3本の中では最も大きく、本人であることを証明するものです。そのため、住宅ローンの借入や不動産の売買契約など重要な契約書や申請書などにはこの実印が必要となります。このように、印鑑には種類がありそれぞれの使い方があり、そして全て印鑑通販サイトで購入できるのです。

印鑑は他の国にはない、日本特有の文化と言えます。例えば、宅配便を受け取るなど日常的にも使われますし、住所変更や婚姻届、車の購入時や不動産登記など様々な場面で印鑑は必要とされるのです。このようにわたしたちの生活の身近にある印鑑ですが、その意味や使い方については意外と知られていません。

印鑑印鑑は署名とともに、その書類や文書を作成したことを証明するもので、つまり本人確認をする際の重要なツールとなるのです。法的にも、印鑑の持つ効力は大きく、ただスタンプ印のような柔らかい素材でできている印鑑については、認められないこともあります。理由としては、素材が柔らかい場合、押し方や経年劣化により印影が変わってくるためです。そのため、印鑑は特に重要な書類の場合は、印影の変わらない素材のものを使うことになります。

印鑑の種類としては、実印銀行印認印がありますが、日常的に最もよく使われるのが認印でしょう。次に、銀行で口座を作るときに必要な銀行印。そして、重要な書類に押す実印となります。印鑑を購入する際は、こうした3本をセットとして購入することになりますが、最近ではネットの印鑑通販サイトを利用する人が増えているのです。

日本は印鑑がとても重要な意味を持つものとして、他の国にはない独特の印鑑文化を持っています。印鑑はその人を証明するものとして、宅配便の受け取りから、住宅ローンの契約書まで幅広く使用されているのです。印鑑は、認印、銀行印、実印の3本セットで購入することが多いのですが、最近はネットの印鑑通販サイトで購入できるのでとても便利です。

印鑑の種類印鑑の種類としては、日常的に使われる認印、そして銀行口座を開設するときに使われる銀行印、そして不動産登記や車の購入時などに使われる実印があります。認印は、郵便物の受け取りや回覧板など、ちょっとした受取りや確認として頻繁に使われるものですので、素材としては耐久性があり、価格は安価なものが適しています。銀行印は、とにかく丈夫な素材を選んでください。欠けたりすると、銀行印としての効力が無くなってしまいます。そして実印ですが、これは印鑑登録をするため、3本の中では最も重要なものとなりますので素材は、耐久性や捺印性が高く、劣化しにくいものが適しています。

このように、印鑑には用途に応じて使い分けることとなります。1本ずつ購入することもできますが、ほとんどの人はセットで購入しています。街のはんこ屋さんで購入するのもいいですが、最近では、印鑑通販サイトでも高品質なものが比較的安価で売られています。スピード納品に対応しているサイトもありますので、色々と調べてみるのもいいでしょう。このサイトは、印鑑セットの購入について説明します。