印鑑の種類

印鑑の種類ですが、まずは認印について説明します。認印は印鑑登録をしていない印鑑で、例えば宅配便の受け取りや回覧板、仕事においては出勤簿や簡単の金銭の受け取りに使うものです。認印は、苗字のみが彫られている日常的によく使う印鑑ですが、捺印することで実印と変わらぬ責任を負うことにもなります。

実印次に銀行印です。この印鑑は銀行や郵便局などの金融機関で使われるもので、主に口座開設の際に必要となります。銀行印は1本で複数の口座を開設することになりますので、その印鑑を紛失した場合、全ての口座で改印の手続きをしなくてはなりません。口座ごとに印鑑を変えることが好ましいのですが、現実的にはやはり1本ないし2本程度を使い回すことになります。

そして、最も重要な印鑑として実印があります。実印は、住民登録をしている市町村役場で印鑑登録を行ったものです。通常は、姓名が彫られていますが、苗字のみ、あるいは名のみでも登録できます。サイズは3本の中では最も大きく、本人であることを証明するものです。そのため、住宅ローンの借入や不動産の売買契約など重要な契約書や申請書などにはこの実印が必要となります。このように、印鑑には種類がありそれぞれの使い方があり、そして全て印鑑通販サイトで購入できるのです。