印鑑の意味と使い方

印鑑は他の国にはない、日本特有の文化と言えます。例えば、宅配便を受け取るなど日常的にも使われますし、住所変更や婚姻届、車の購入時や不動産登記など様々な場面で印鑑は必要とされるのです。このようにわたしたちの生活の身近にある印鑑ですが、その意味や使い方については意外と知られていません。

印鑑印鑑は署名とともに、その書類や文書を作成したことを証明するもので、つまり本人確認をする際の重要なツールとなるのです。法的にも、印鑑の持つ効力は大きく、ただスタンプ印のような柔らかい素材でできている印鑑については、認められないこともあります。理由としては、素材が柔らかい場合、押し方や経年劣化により印影が変わってくるためです。そのため、印鑑は特に重要な書類の場合は、印影の変わらない素材のものを使うことになります。

印鑑の種類としては、実印銀行印認印がありますが、日常的に最もよく使われるのが認印でしょう。次に、銀行で口座を作るときに必要な銀行印。そして、重要な書類に押す実印となります。印鑑を購入する際は、こうした3本をセットとして購入することになりますが、最近ではネットの印鑑通販サイトを利用する人が増えているのです。