印鑑の素材と特徴

印鑑印鑑を購入する際には、素材にも注目する必要があります。印鑑は用途や使う頻度などにより、それぞれに適した素材があるのです。では、認印に適した素材ですが、認印は銀行印や実印と違い、日常的によく使われる印鑑となります。そのため、手にしっくりくる素材が適しています。認印は、登録することがないので、古くなれば買い替えもできますので、比較的安価な素材で充分と言えるのです。具体的には薩摩本柘彩華などの木材系がおすすめです。

次に銀行印ですが、これは通帳に登録されるものですので、欠けなどが発生しない丈夫な素材が適しています。耐久性に優れた素材としては黒水牛があります。黒水牛の印鑑は朱肉にも馴染みやすいので、印影が美しいのが特徴です。価格も他の角系に比べてお求めやすいものとなっています。

実印は重要な契約に使われる3本の中では特別なものです。そのため、耐久性はもちろんのこと、捺印性や個性も必要となってくる1本と言えます。それを兼ね備えている素材としては、最近注目されているブラストチタンでしょう。金属とは言え、錆びにくく耐食性にも優れた素材で、その上捺印性も高いのが特徴です。印鑑通販サイトでは、多くの素材を扱っていますので、自分の好みに応じた素材を探す楽しみもあり、おすすめです。

参照リンク|印鑑 通販
(豊富な素材を扱っている印鑑の通販サイトです)